WordPressでメディア・ブログを作る上で導入しないとマズいプラグイン5選【2019年版】

WordPressのプラグインが有能過ぎる

サイトやブログを作成する上で最も使われているCMS(コンテンツ管理システム)であるWordPress。

とにかくプラグインが万能で、コーディングをしなくても大抵のことができてしまいます。(予約システム、EC導入、見積もりアプリ、お問い合わせ機能など)

メディア・ブログを運営している方はもちろん、東証一部に上場している大企業のコーポレートサイトで利用されることも珍しくありません。

今回はそんなWordPressでサイト運営をする上で、導入しなければならないと考えるプラグインを5つピックアップしたので紹介します。

その1:Google XML Sitemaps

まず最初に導入すべきなのはGoogle XML Sitemapsです。

これはGoogleが指定したルール(文法)でサイトの構造をまとめたページを自動生成してくれるプラグインです。

このプラグインを導入して有効化することによってGoogleのクローラーがサイトを構造的に認識するようになるため、導入していないサイトに比べて良い評価が下されます。

俗にいうSEO対策というやつです、検索結果の上位に表示されやすくなる要素の一つですね。

また、サイトに新しいページや記事を追加した際にも、Google Consoleから素早く認識されるようになります。

サイトのコンテンツをGoogle検索結果の上位に表示したり、新しく作ったページをすぐにGoogleに認識させたいなら必要不可欠なプラグインでしょう。

詳しい使い方はプラグイン名でググればすぐに出てくるので、各々で調べてみてください!

その2:UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

WordPressでサイト運営をする上で、予期せぬミスでデータが消失したり、サイトの構造がおかしくなってしまうことが時々あります。

そんなときに備え、必ず導入すべきであるのがUpdraftPlus WordPress Backup Plugin

このプラグインを導入すれば、サイトデータのバックアップ・復元が簡単にできるようになります。

バックアップの日時などもその都度記憶しているので、いつの状態に復元できるのか分かります。

ちなみにバックアップは手動・自動どちらにも設定できます。

決して導入して損するプラグインではないのでおススメです。

その3:SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは導入するだけでサイトのセキュリティを強化できる優れものです。

具体的には、
・ログインしていないIPアドレスから管理者ページへのアクセスをブロック
・ログイン画面に画像認証機能の追加
・不正(未遂)ログインの閲覧やログインアラートの設定
などができるようになります。

また、WordPressログイン画面のURLに5桁のランダム数字を導入できるようになるため、ハッキングを受けること自体が少なくなります。

WordPressで作ったサイトがハッキングされることは珍しくないので、セキュリティプラグインを導入することはマストであると言えるでしょう。

その4:Easy FancyBox

このプラグインを導入すれば、JavaScriptで書かなくても画像をクリックした先にズームさせる機能を簡単に付けることができます。

WordPressで記事を書くと、画像が小さくてそのままだと文字が読めないことがあるので、こうしたズーム機能はとてもありがたいです。

プラグインの詳しい設定方法はTechAcademyさんが説明してくれています。

お洒落なズームの仕方でサイトのユーザビリティを高めるため大変おススメです。

ちなみに画像にリンクが付与されている場合は、リンクが優先されます。

その5:External Links – nofollow, noopener & new window

このプラグインを導入することで、リンクがクリックされた際に新しいタブが開くようになります。

通常はサイトにあるリンクをクリックすると、そのタブから外部のページに飛んでしまうため、ユーザーは元のサイトを見たい場合は再度戻るボタンをクリックしなければなりません。

そのようなUXはユーザーにとって不満足である上に、Googleから見ても直帰率の向上サイト滞在時間の低下に繋がるためサイトの評価(SEO)も下がってしまいます。

それらの問題を解決するのがExternal Linksです。

このプラグインはSuBroadにも導入しています。とてもおススメです。

最後に:プラグインを導入する上での注意点

いかがでしたか。

上記で紹介した5つのプラグインはとても役に立つものです。

紹介したもの以外にも有能なプラグインは多く存在するので、自分のサイトにあったものを導入すると良いでしょう。

しかし、一つ注意しなければならないことは、プラグインは多く導入するほど良い代物ではないということです。

多く導入すればするほど、サイトが重くなるし、プラグイン同士がぶつかり合ってバグが発生することも珍しくありません。

導入する際は慎重に選んでエラーが発生しないように心がけましょう。

それでは!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です